法律関係の勉強は視覚からも意識して情報を取り入れる

法律

法律関係の勉強は視覚からも意識して情報を取り入れる

法律関係の勉強は視覚からも意識して情報を取り入れる

法律関係の勉強では、視覚的にもインパクトのあるような勉強方法が望ましいと言えます。
ただでさえ文字の羅列の多い試験内容ですので、覚える事は沢山あっても覚えにくいといった難しさがあります。
その為、ノートを取る時などには、図を多用するのも一つの方法だと言えます。
法律の問題を回答して行く時に、問題分を図に置き換えて作成してみると、文字だけではわからなかった関係性などが理解しやすくなってきます。
文字だけの文章と違い、ひっかけ問題にも引っかからなくなります。
なるべく大きく、なるべく文字を少なく図解するのがおすすめです。
また、よりインパクトがでるようにカラーペンなどで色分けするのもおすすめです。
お金や請求の流れを矢印として図解したりするのもおすすめです。
他の第三者に見せるわけではありませんので、馬鹿丁寧にする必要はありません。
図解する事によって、頭の中を整理しクリアにする事ができますので、分かりにくい問題があるような場合には、ぜひ図解してみてください。